ちゃんとチョケる交流会を振り返って

Image_40f310a

その日、俺はいつもの通り電車に30分揺られて新宿に向かっていた。いつも通りのプラットフォーム、そして土曜日らしい

出かける服装をした人たち。違っていたのは俺のやっていることだった、いつもなら音楽を聴きながら本を読んでいた。

しかし、今日はちゃんとチョケる初の交流会の幹事をやることになったので、そのシュミレーションや挨拶を考えていた。

午後2時半、俺は新宿のその店についた。下見の時とは違い、そこにはテーブルが2、3個並ぶだけの開放感がある空間だった。

店員さんと相談しながらレイアウトを微調整して、受付の準備に取りかかった。

参加者のリストと名前を書く名札をテーブルに置いて、ちょっと心配になって来た。今日何人ぐらい来るのかなと、

45人の内35人ぐらい来てくれればいいやと思っていた。そこはまったく想像つかないのだ、あったこともない方が大半なので。

そのうち受付をやってくれるダイシさんが来てくれてた。

それからびっくりしたのが、受付時間まえに1人の方がもう来ていて、なんとその方ははるばる地方から今回の交流会のために来てくださった。

ホテルのチェックイン前に交流会のうけつけに来てくださったのだ。

それからパックマンさんも来て、受付が本格的に始まった。

次から次へ人がどんどんくる、参加者の方、ゲスト、ちゃんチョケメンバー。あっという間に開放感あふれる場所がギューギュー詰めになってしま

った。俺は荷物置き場などの案内に忙しくなっていた。

ここで一つのハプニングが起きた、事前に用意していたマイクがなぜか壊れていた、誰かがコードにひかかり、マイクが壊れたのだ。

店員さんにお願いして他のマイクを他店から借りてきてもらった。

マイクが来たところであいさつが始まったのだが、異様な雰囲気にのまれてたどたどしい口調でしゃべっている俺がいた。ストリートではどんな人に

も声かけれるのだが、このような状況での対大勢コミュニケーションは初体験で緊張していたのだと思う。

しかもあいさつのはじめにちゃんチョケメンバーからイジリが入ってきた。いつもなら切り返しができるのだが、この日はできずにしゃおろんさんとYASU

さんにすぐバトンタッチしてしまった。

さすがはしゃおろんさん、対大勢のコミュニケーション力も半端ない、空気づくりと切り返しそしてフォロー、これが本当のムードメーカーかと感心した。

まだ来ていない方がいたので、受付の近いところで待機していた。その際色んなかたとお話しできて面白かった。

そのうちしゃおろんさんがまたおもろいことをし始めた、メンタルが課題の方を鍛えるため、前にひっぱり出し、服を脱がせていた。

そしてガーデンさんがその人の乳首をなめると忘年会らしい雰囲気になって来た。そこからどんどんみんな巻き込んで全員参加型のパーティになっていた。

YASUさんとまさのぶさんの筋肉Show、パックマンさんのpairs成果報告、初期地蔵時のストーリー、ナンパしたことがない人なども前に呼んで会場全

体が和んできた。そして3時間があっという間にすぎてみんなで写真を撮り、解散した。

印象的だったのは初心者や初級者に結構感謝されたことだった、やはりナンパしたいけど怖い方が大勢いる。

そして実際にナンパしている人はどんな雰囲気がどんな感じか想像できないので、こういう場が欲しかったのだと。

そうだよな、俺も正直こんな場が欲しかったw、ナンパを始めた頃にあったらもっと成長が早かったのと思った。

なにせ普段会えない凄腕たちが勢ぞろいなのである。

特にしゃおろんさんに学ぶところはまだまだたくさんある。対大勢の空気を読む力、場の雰囲気づくり、人を巻き込む力。

次回からはそれを意識して参加しようと思った。全員参加型なので、発言するだけで特訓になるw。

交流会自体の反省点は灰皿の置き場所を間違えてカウンター寄りにしたため、渋滞が発生したことなどいくつかあったので改善していきたい。

最後に分かったのだが、当日キャンセルした方はいなかった。これは嬉しい想定外だった。

参加者そしてゲストの皆様、ちゃんとチョケる交流会に参加して頂き本当にありがとうございました!よい、お年を!

 

大循環を起こすためにクリックしましょう!

2 件のコメント

    • トレンディさん

      コメントありがとうございます!
      そうですね、盛り上がりましたね。
      またのご参加お待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA