TIMEが注目する、Googleも採用しているすべての問題を根本解決できるマインドフルネス(瞑想)とは

Time

どうも クラウドです。

明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願い致します。

早速ですが、ヤバイ経験をしたので共有させて頂きます。

ヤバイ経験とはいま注目をうけているマインドフルネスいわゆる瞑想ですw。

アメリカのトップ企業Google、facebook,ゴールドマンサックスがどんどんマインドフルネスを採用していますね。

そして日本ではメンタリストDaigoがマインドフルネスを薦めていて、世界的にブームになっていますね。

時代背景には今の資本主義が物質に重点を置きすぎていて、それゆえにストレスが暴走しているのが原因なのだと思います。

マインドフルネスの核心は気づきです。気づきとは平静な心で物事を見る、不快な感覚が終わることを望まず、そして快適な感覚が続くことを望まないことです。

これを初めて聞いた時”へえ それができたらいいね”みたいと流してました、これがすべての問題を解決する方法だとは露しらずに。なぜこれですべての問題が解決できると確信しているのかと言いますと、それを体感したからです。

自分は20年間過食依存症にずっと苦しんでいました、それが気づきによってがほぼ解決しました。本当に死にそうな時はやはり食べることによって解決していますが、それも無節操に暴走するのではなく、ちゃんとルールを決めて食べています、そして次の日には影響を残しません。これで負のスパイラルを断ち切ることができて、次の日は新しいスタートを切ることができます。

以前は一度ドカ食いすると何日間も尾を引いている状態が続き、本当に苦しかったです。

知っている方もいると思いますが自分の最高時の体重は94㎏、いまの体型になるのに維持するのに色んなことをしてきました。

自分でダイエットに何度も挑戦し、リバウンドし失敗。
30万円払ってプライベートコーチにお願いし、3ヵ月間本当に死ぬ気で頑張って16.6kgを痩せることに成功するも、2週間で8㎏リバウンド、体型維持に食事制限、筋トレ、ランニングなどなど、食欲に振り回されることはや20年。

それが平静な心で物事をみることによってここまで解決できるとは夢にも思いませんでした。

カラクリはこうです。食欲は火に例えることができます、欲が燃え盛っているときどうやって皆さんはコントロールしますか?

以前の自分は火がそれ以上大きくならないように火を覆う壁を作っていました。いわゆる食事制限ですね。しかしメンヘラになった時壁はいとも簡単に薄くなり、欲の炎によって焼き尽くされます。そしていままで抑圧されていた炎が今だとばかりに暴走し、リバウンドが起きるわけです。

また火をほかの方向に誘導することによって成果を取れたこともありました、ランニングや筋トレをして食欲のエネルギーをそれに注ぎこむことで解決していました。しかし。これは面倒です、天気や気分に左右されますし、やはり毎回できません。

他にも色んなアプローチをして火をコントロールしようとしましたが、やはり食欲は人間の根本的な欲で強いですw。

ではでは平静な心で火がコントロールできるか見ていきましょう。人は欲に対して好きか嫌いの感情で反応します、これが火に油を注ぐことだとは知らずに。だから欲に対して反応してはいけません、ならどうするの?素朴な疑問がでますね、答えは観察です、気づきです、受け止めることです。

自分はファミリーマートのプレミアムチキンが大好物で、以前はこれを見たら無意識に買ってしまうレベルでした。条件反射のレベルまで落とし込まれていましたね、いわゆる食欲の奴隷の状態です。

現在はこれを見たらこうアプローチします。

1,心が食べたいと思った(好きな執着状態)ー>平静な心で観察するー>そうか自分はいまプレミアムチキンが食べたいのだな(渇望している自分をありのままに受け入れる)ー>それはなんで?(原因を探る)->チキンを見て食欲が刺激されたからー>食欲は生存するのに必要なこと、しかしチキンを食べる必要はないー>ご飯はしっかりたべてきたから、生存的需要は満たしているー>腹は空いてないけど、なんとなく食べたいー>それはなんで?->習慣、条件づけー>それはいつから始まっているのか?->中学校からー>精神的欲求不満を食べることによって逃避していたー>なぜ精神的欲求不満を強く感じるのかー>家庭の事情で両親から愛をあまり感じなかったー>自分にLove注入。。。。

いつのまにか食欲の火は弱くなっていました、なぜなら火に反応すぜにずっと見ていたからです、火が燃えるにはエネルギーが必要ですし、火の勢いは変化していくものです。観察しつづけると自然に弱くなってくることを発見しました。

これは自分にとって世紀の発見です。以前は火に反応し、油を注いていたので火の勢いはどんどん強くなっていく一方でした、だから我慢できずに食べてしまったのですね。

嫌いな感情の時も同じです、平静な心で観察する。シンプルゆえに、すべての問題を解決できると確信しました。

応用例:

めっちゃ美人に声かけしようとしてビビッている自分:

ビビッている自分ー>平静な心で見るー>なぜビビッているのだろうー>相手が美人すぎるのでー>

どこがー>スタイルと顔ー>スタイルは骨格だよね、骨になんでビビッているのー>顔も骨格と筋肉だよね

ー>筋肉になんでビビッているのー>理論的にそうなんだけどやっぱりビビるー>この反応も平静な心で受

け止めるー>美人は時代、国や地域によって定義のされ方が違ってくるー>外人と日本人が好きなタイプは

全然が違うー>なら今の女性外人的視点でいうと美人ではないー>それに声かけたらセフルイメージがあが

るー>リスクゼロ。。。いつも間にかビビる気持ちも弱くなり、声をかけることができる。肝はビビる自分

を受け入れることで原因を探ることができる、好き嫌いで反応すると客観的には原因が分析できないので、

問題は解決できないしその気持ちに油を注ぐことになる。気持ち自体は変化していくものであり、不変では

ない。

連れ出し中の会話:女性の彼氏の愚痴ー>平静な心で見るー>なぜ彼氏の愚痴を言っているのだろうー>

彼氏にこうなってもらいたい願望とそれが実現していない不満足感があるからー>その願望とはー>ヒアリ

ングー>その願望が分かったー>その願望を肯定してあげる、しかし彼氏批判はダメ(彼氏にこうなってもら

いたいということは彼氏をまだ好きなので)。。。

その他個人的悩みから社会問題、国際問題まで平静な心で観察し、原因を探っていけば全部解決できると思

いました。社会全般な問題は一人だけが平静な心ができていてもあまり効果がないのですが、万人がこのス

キルを習得すると解決できると確信しております。

実践例としてこの本を推薦します、プラユキさんはタイで出家している方で心に重度の傷を抱えた人たちを短期間で根本的に癒しています。自殺するまで追い込まれた人をブッダの教えと夢分析で問題の核心まで迫り解決し、自立できるようにしています。本当にそのコミュニケーション力と智慧には頭が下がります。

苦しまなくて いいんだよ

この本を読んだきっかけでプラユキさんと実際にお会いし色んな悩みを聞いてもらい、そして実際に解決まで至りました。そして現在やっている瞑想もプラユキさんが教えている手動瞑想です、遊び感覚で瞑想ができるのがいいです。

Googleでマインドフルネスの活用の仕方

最後にこの平静な心を手っ取り早く養うには瞑想合宿への参加をおススメします。いわゆる心の手術をやるところです、めっちゃしんどいですが本格的な瞑想ができます。

ヴィパッサナー瞑想10日間合宿

皆さんが僕が言ってことは鵜呑みにしないでぜひ体感してください。体感してこそ本当に自分のものだと思っています。それでは皆さんが抱えている問題すべてが解決できることをお祈りしていますね。

大循環を起こすためにクリックしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA